園外保育(年長さん)

年長さん(さくらぐみさん、きくぐみさん)の園外保育は、幼稚園から少し足を伸ばして細口公園まで行きました。ここにも秋の宝物(どんぐりや木の実など)がたくさんあり、子どもたちはどんぐりや落ち葉などをいっぱい拾いました。

子どもたちが「見て見てー、園長先生の帽子がいっぱいあるよー。」と見せてくれました。園長先生の帽子??? なるほど!!!確かにそっくり♡「色塗ったらそっくりだね。」「園長先生にあげたらかぶってくれるかなぁ。」「小さすぎてかぶれないよ。いっぱいあげたら?」子どもたちの楽しい会話が続きます。

「ねえ、これ何?」「何これ?変なのーっ。」みんなで不思議そうに囲んで観察しているのはどうやら茸がいっぱい生えた切り株のようです。子どもたちの興味は尽きません。

どんぐり拾いの後は、公園の遊具で思いきり身体を動かしました。

まずはながーい滑り台。

高い位置の雲梯も先生と一緒ならチャレンジできるよ。

バランスボードに一緒に乗っておしくらまんじゅう🎵

さくらぐみさんもきくぐみさんも、いっぱいの発見をして、いっぱい身体を動かして楽しい一日を過ごしました。自然の中での遊びは発見だけではなく、発想力や創造力をかきたてられる事象にあふれています。これからもお天気の良い日には時間を見つけて、自然にふれる機会をたくさん作っていきたいと思います。 植田